節税のためのアパート経営を行った失敗

アパート経営で失敗する人は?より

アパート経営を進めてくる業者には、節税のためにアパートを建設しないかといって誘ってくるような話があったりします。

税金が安くなって、なおかつ安定した収入が入るならとアパート経営を始めたのはいいものの、とんでもない失敗を経験することになります。

しかし、投資をしたものの節税をした分よりも固定資産税やリフォームの代金などでいろいろな経費が掛かってしまって

節税分よりも経費のほうが掛かってしまうようなリスクも存在しています。

 また、賃料を上げようにも周りの土地の値段との兼ね合いや、アパートの住人の不満などにより思うように賃料があげれないとなると

なかなか借金の返済のためのお金を稼ぎだすのが難しく、場合によっては賃料が減少、全く入らないといったリスクもあるため

 接勝税金対策の分で購入したアパートのために余計な費用負担や損失を負うという失敗のリスクを背負うことがあるのです。

アパート経営で失敗してしまうようなことになる前に、収入や費用などとの兼ね合いをしっかりと把握して、

甘い言葉に惑わされないように、まずいと思ったらアパート経営には手を出さず、しっかりとした算段ができているときには

投資するとしないと、アパート経営で大きな失敗をしてしまうことになるのです。

原野商法による不動産投資の失敗

不動産関連の詐欺話で、昔からよくある手法として原野商法というものがあります。

原野商法とは、ものすごく山奥のどこかもわからないような土地など本来ならまったくもって価値のないような土地を、

将来発展する可能性があるからといって、買主をだまして土地を売りつける方法の詐欺であります。

詐欺を行うものは、何かと素晴らしい案件があると言ったり、大きな土地開発があるといったようなうまい話を持ちかけて

相手をその気にさせるようなことをやってくるのであり、相手はいい話を聞いたと思ったまま買わせようとするのです。

そうして、よくわからない不動産を高値で買わされて、不動産投資に失敗というようなことになるのです。

また、原野商法に引っかかった買主をさらにお金をだまし取るために、とられたお金を取り戻そうと持ちかけて

多額のお金を引き出させて、更なる損失を出してしまったという話もあります。

このような不動産投資の失敗をしないように、しっかりとした知識を身につけて不動産の投資に挑んだほうがいいです。

怪しいと思ったら、相手の連絡先を聞いたり、どこにある土地であるをしっかりと確認するなど相手に騙されないように

こちらからも対策をかけてお毛羽、不動産投資に失敗するリスクは少なくなります。