こういう人はアパート経営に失敗する

アパート経営って誰でも成功するのでしょうか。失敗しないのでしょうか。
絶対失敗しないことはないです。

利回りがいくらなら成功するか書いてないのもありますが、家賃だけ得られれば成功というわけにはいかないのです。

やはり収支を明確にしておかなければ利益を得られる事業かわからないです。
利益が得られたとしても税金を払って何もないのではやる意味あるでしょうか。

ではどのような経費がかかるのでしょうか。不動産は毎年1月1日を基準にして毎年固定資産税がかかります。
免税点もありますが、投資物件ではおそらく関係ないでしょう。大家として借主(賃借人)を募集してもいいですが、だいたいは仲介してもらうでしょう。
仲介してくれた不動産業者さんには手数料を支払います。
あとは建物の修繕費用も考慮しておいた方がいいです。
水道光熱費は個別に借主に支払ってもらいますが、共益費用もかかりますので、借主には負担してもらいましょう。
10室以上部屋を貸している場合は不動産事業とされますので、一定の要件の下で最高65万円が控除できます(要件があります。あるいは最高10万円の控除の場合あり)。
これぐらいのことは知っておいて損はないです。
そして、失敗にならないようにできると思います。「こういう人はアパート経営に失敗する」と題して記事を書きました。
アパート経営に失敗するなんてありえないと自信をもって投資してください。

節税のためのアパート経営を行った失敗

アパート経営で失敗する人は?より

アパート経営を進めてくる業者には、節税のためにアパートを建設しないかといって誘ってくるような話があったりします。

税金が安くなって、なおかつ安定した収入が入るならとアパート経営を始めたのはいいものの、とんでもない失敗を経験することになります。

しかし、投資をしたものの節税をした分よりも固定資産税やリフォームの代金などでいろいろな経費が掛かってしまって

節税分よりも経費のほうが掛かってしまうようなリスクも存在しています。

 また、賃料を上げようにも周りの土地の値段との兼ね合いや、アパートの住人の不満などにより思うように賃料があげれないとなると

なかなか借金の返済のためのお金を稼ぎだすのが難しく、場合によっては賃料が減少、全く入らないといったリスクもあるため

 接勝税金対策の分で購入したアパートのために余計な費用負担や損失を負うという失敗のリスクを背負うことがあるのです。

アパート経営で失敗してしまうようなことになる前に、収入や費用などとの兼ね合いをしっかりと把握して、

甘い言葉に惑わされないように、まずいと思ったらアパート経営には手を出さず、しっかりとした算段ができているときには

投資するとしないと、アパート経営で大きな失敗をしてしまうことになるのです。