節税のためのアパート経営を行った失敗

アパート経営で失敗する人は?より

アパート経営を進めてくる業者には、節税のためにアパートを建設しないかといって誘ってくるような話があったりします。

税金が安くなって、なおかつ安定した収入が入るならとアパート経営を始めたのはいいものの、とんでもない失敗を経験することになります。

しかし、投資をしたものの節税をした分よりも固定資産税やリフォームの代金などでいろいろな経費が掛かってしまって

節税分よりも経費のほうが掛かってしまうようなリスクも存在しています。

 また、賃料を上げようにも周りの土地の値段との兼ね合いや、アパートの住人の不満などにより思うように賃料があげれないとなると

なかなか借金の返済のためのお金を稼ぎだすのが難しく、場合によっては賃料が減少、全く入らないといったリスクもあるため

 接勝税金対策の分で購入したアパートのために余計な費用負担や損失を負うという失敗のリスクを背負うことがあるのです。

アパート経営で失敗してしまうようなことになる前に、収入や費用などとの兼ね合いをしっかりと把握して、

甘い言葉に惑わされないように、まずいと思ったらアパート経営には手を出さず、しっかりとした算段ができているときには

投資するとしないと、アパート経営で大きな失敗をしてしまうことになるのです。

Previous Next

Leave a Reply